ページの先頭です
メニューの終端です。

第9回へなそうるのへや企画展示

[2020年8月13日]

ID:11694

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「児童書と翻訳~世界の本を伝える仕事~」

令和3年に市制施行50周年を迎える多摩市。多摩市となった昭和40年代『もりのへなそうる』の作者である、渡辺茂男さんが多摩市に移り住みました。
茂男さんは著作と同時に多くの翻訳を手掛けました。今回は、翻訳家としての茂男さんの姿とともに「児童書」と「翻訳」の関係についてご紹介します。

 「へなそうるのへや」は、渡辺茂男さんが亡くなった後、茂男さんの息子、鉄太さんから「多摩市の子ども達のために」と、たくさんの本と、茂男さんが使っていた机などを寄贈いただき、誕生しました。渡辺茂男さん、鉄太さんの著書のほか、仕事に使われていた机やタイプライター、机のそばに置いてあったメモや写真を留めていたコルクボードなども展示しています。

その「へなそうるのへや」ができてまもなくの平成26年の第1回企画展示「児童書と翻訳」を再編し展示します。
なお、へなそうるのへやの案内(別ウインドウで開く)も合わせてご覧ください。

図書館のホームページはこちらをご覧ください。(別ウインドウで開く)

≪期間≫

令和2年7月31 日(金曜日)~11月2日(月曜日)

≪場所≫

図書館本館 1階 こどもとしょしつ内 へなそうるのへや

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所教育部図書館

電話番号: 042-373-7955(本館)

ファクシミリ番号: 042-375-9459

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.