ページの先頭です
メニューの終端です。

熱中症に注意しましょう!

[2022年7月6日]

ID:11697

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

熱中症に注意しましょう!

今年の夏は新型コロナウイルス感染防止のため、「新たな生活様式」を実践することを求められていることから、例年以上に熱中症に気をつける必要があります。「3密」を避けつつ、熱中症にならないための十分な対策を行いましょう。

◇熱中症とは

気温や湿度の高い環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体内に熱がこもってしまう状態です

◇熱中症の主な症状

・軽症 めまい、立ちくらみ、大量の発汗、筋肉痛、こむらがえり

・中等度 頭痛、吐き気、嘔吐、力が入らない、体がぐったりする

・重度 けいれん、意識がなくなる、歩けない、反応がおかしい、体温が高い

◇特に注意が必要な方

・高齢者

・乳幼児

・障がい者

・持病のある方

・暑いところで作業を行う方

※熱中症は屋内でも起こります。周囲の方からも積極的な声かけをお願いします!

熱中症から身を守るために

(1)暑さを避ける

・感染予防のため、換気を確保しつつエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう

・涼しい服装をしましょう

・日傘や帽子で直射日光を遮断しましょう

・外出は涼しい時間にしましょう

(2)のどが渇いていなくてもこまめに水分塩分補給をする

3)暑さに備えた体づくりをする

・食事、睡眠をしっかりとりましょう

・適度に運動をしましょう

(4)日ごろから健康管理をする

・毎日検温をしましょう

(5)マスクの着用について

・屋外では、人と人との距離(2メートル以上を目安)が確保できる場合や、距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

・屋内では、人との距離(2メートル以上を目安)が確保できて、かつ会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

・就学前のお子さんについては、マスク着用を一律には求めていません。

参考:厚生労働省「マスクの着用について」(別ウインドウで開く)


※気象庁の「高温注意情報」や環境省の「暑さ指数」の情報もご活用ください。

 参考: 「環境省熱中症予防情報サイト」(別ウインドウで開く)

熱中症かなと思ったら

万が一、身近にいるかたに熱中症を疑う症状がみられた場合は、以下のフローチャートを参考に落ち着いて対処しましょう。

救急車を呼ぶべきか判断に迷う場合は、東京消防庁救急相談センター(♯7119 ダイアル回線は、電話042-521-2323)が24時間年中無休で相談に応じてくれます。

(出典)環境省「熱中症環境保健マニュアル2022」P26

暑さ指数(WBGT)と熱中症警戒アラート

暑さ指数(WBGT)について

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい (1)湿度、 (2)日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 (3)気温の3つを取り入れた指標です。


(出典)環境省「熱中症環境保健マニュアル2022」P15

熱中症警戒アラートについて

熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼びかけ、 熱中症予防行動をとっていただくよう促すための情報です。環境省と気象庁が暑さ指数の値が33以上と予測された場合に発表します。

【LINEでもアラートが受け取れます】

環境省は、令和2年7月にLINE公式アカウント「環境省」を開設し、熱中症予防対策の情報配信を開始しました。 お使いのスマートフォンなどのLINEアプリでアカウントを友だち追加すると、 熱中症警戒アラートの発表や暑さ指数の情報を受け取ることができます。(通信料は利用者の負担となります。)

下記のURLのほか、二次元コードから公式アカウントへアクセスできます。

環境省LINE公式アカウント(URL)(別ウインドウで開く)

環境省LINE公式アカウント(二次元コード)

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部健康推進課(健康センター)予防担当

電話番号: 042-376-9111

ファクシミリ番号: 042-371-1235

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.