ページの先頭です
メニューの終端です。

【録画配信中】健幸まちづくりシンポジウム「女性のための健幸づくり~自分を大切に、仕事・子育てを笑顔で~」

[2020年12月23日]

ID:11814

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

健幸まちづくりシンポジウムオンライン「女性のための健幸づくり~自分を大切に、仕事・子育てを笑顔で~」を配信しています!

シンポジウムのイメージ画像です

 元厚生労働事務次官の村木厚子氏、株式会社サンリオエンターテイメント代表取締役社長の小巻亜矢氏をお迎えし、常に笑顔で輝いているお2人から、自分らしく生きていくためのヒントや、自分の心と体を気遣うことの大切さをお伝えするシンポジウムを、令和2年11月にオンラインで開催しました。

 仕事や子育てに忙しい皆さんの「健幸」と「幸せ」への気づきにつなげるシンポジウムを、多摩市で開園30周年を迎えるサンリオピューロランドからお届けします。YouTube多摩市公式チャンネルでどなたでも視聴できますので、ぜひ一度ご覧ください。

内容紹介

シンポジウム後半の対談から、お二人のメッセージを一部ご紹介します。

シンポジウムの動画はYouTube多摩市公式チャンネルで全編視聴できます。


講演する村木さんの写真です


【コーディネーター多摩大学松本祐一教授】 お二人は、大変なことが起きたときこそチャレンジしたり、なぜこのときにという選択肢を選んでおられるような気がしますが、いかがですか?
【村木】 後輩には逃げても立ち止まってもいいんだよと言っていますが、そのときは、その道しか見えないんですね。行かなきゃ、と思い込んでやってるという感じに近いかもしれないですね。
【小巻】 自分の心の中にも「やめておいた方がいいんじゃない?」っていう声もある。でも「本当はやっぱりやりたいんでしょ?」っていう声もあるので、その時ボリュームが大きい声のほうに、今は従っているという意識があります。
【村木】 自分が先輩にすごく励まされてきて、今度は自分が励ましている立場なんです。頑張れ、チャンスが来たんだからやりなさいと。それが自分に返ってきているというのもありますね。

講演する小巻さんの写真です

【松本】 種々の役割や自分らしさをどう理解し、バランスをとったのですか?
【小巻】 母親としては家で十分時間をかけたい、仕事人としてはこれでもかというほど仕事をしたい。本当にいろんな自分の声があって葛藤しますが、心の中に仲裁する自分を置いて、あえてこっちの声を大きくしてみたらどうだろうと実験したりします。そうするとやっぱり居心地が悪かったりする。なので、時に応じて声のボリュームを上下させて、自分が一番居心地のいいところを選ぶと、結果的にチャレンジャーの席を選んでいるというところがあります。
【村木】 私はすごい臆病で、何か怖いこと、責められるということがあると逃げちゃうんですね。でも、すごく後悔が残っちゃう。じゃあ今度こそ落ち着いて、逃げないようにするぞ、と意識してやってみると、モヤモヤが少なくって、自分はこの方が居心地がいいんだとわかる。失敗を重ねる中で、だんだん自分が見えてきて、自分らしいパターンはこっちだと。

対談時の写真です

【松本】 困難に直面したときの対処法・立ち向うポイントはどこにあるのでしょうか?
【村木】 歳を重ねて思うのは、自分を苦しめているのは自分ということが多いと。すごく嫌なことを言われたとして、何回も何回もあんなことを言われたと思う。でもよく考えたら相手は1回しかそれを言っていなくて、あとはずっと自分が胸の中で反芻していた、というふうに。嫌なことをちょっとだけ横に置いておく。そして、今できること、好きなことを大事にして、そちらを優先してやる。すると耐えられないと思っていたことが、ちゃんと薄れていく。今度は、今はこんなにつらいけど、きっと何日か、何ヶ月か経ったら、もっと楽になっているとわかる。そうするともう耐えるのが楽。私はこれですごい楽になりました。
【小巻】 モヤモヤを脇に置いて、今やることをやる。この繰り返しで、いつの間にか、ふっと楽になっていくのかもしれないですね。
【村木】 すぐに手をつけられることは限られるんですよね

【松本】 自分を大切するというのはどういうことでしょうか?
【小巻】 自分の気持ちのいいことをしてあげることがひとつ、あとは、自分のために時間を使うということですね。だから、自分のためにお茶を入れるとか、自分のためにゆっくりお風呂に入るとか、自分のために本を読むとか、そういうことなのかも知れないですね。
【村木】 自分を褒めてあげるっていうのは、結構大事じゃないですかね。欠点もいっぱいあるけれど、今日はこれを頑張った、とか、あなたはこういう良い所があるよって、時々自分で褒めてあげて、できればちょっとご褒美を。

【松本】 最後に視聴している皆さんへ一言お願いします。
【小巻】 今日からぜひ、寝る前に、3つ自分を褒めてからお休みください。
【村木】 好きなことをする時間をちょっと作って、今日1日、よかったねって言って、おやすみなさいをする。そうするとまた、いい日が始まると思います。


視聴方法

プログラム

基調講演

村木厚子氏の写真

「長く、楽しく、元気に生きる」

村木 厚子氏  

元厚生労働事務次官、大妻女子大学共生社会文化研究所顧問

講演

小巻亜矢氏の画像です

「人生100年・働く50年時代を笑顔で生きる」

小巻 亜矢氏

株式会社サンリオエンターテイメント代表取締役社長

対談

村木氏と小巻氏による対談。

コーディネーター:松本 祐一氏 多摩大学経営情報学部教授

主催

多摩市

共催

株式会社サンリオエンターテイメント

後援

厚生労働省

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部健幸まちづくり推進室健幸まちづくり係

電話番号: 042-338-6916

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


【録画配信中】健幸まちづくりシンポジウム「女性のための健幸づくり~自分を大切に、仕事・子育てを笑顔で~」への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.