ページの先頭です
メニューの終端です。

旧多摩聖蹟記念館常設展「渋沢栄一の生きた時代―所蔵品を中心に―」

[2021年4月26日]

ID:13007

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【4月26日更新】新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言発令による臨時休館のお知らせ

 このたび旧多摩聖蹟記念館は、東京都に新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言が発令されたことを受け、下記の期間を臨時休館いたします。急なお知らせとなり大変申し訳ございませんが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 臨時休館期間:4月29日(木曜日・祝日)~5月11日(火曜日)

旧多摩聖蹟記念館常設展「渋沢栄一の生きた時代―所蔵品を中心に―」開催のお知らせ

 現在放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」では、新1万円札の顔としても注目される「渋沢栄一」が主人公となっています。栄一は「日本資本主義の父」と称されている、幕末から昭和初期にかけて活躍した実業家です。

 当館では田中光顕が蒐集した維新志士たちの書画を多く所蔵していますが、これらはまさに栄一の生きた時代と重なるものです。


 本展では展示期間を前期・後期に分け、当館の所蔵品を中心に「渋沢栄一の生きた時代」に関連する書画や肖像画などを展示します。

 前期では、栄一が仕えた第15代将軍・徳川慶喜の父である徳川斉昭を中心とした水戸藩や、松平春嶽を中心とした福井藩を中心に展示します。さらに栄一の思想に影響を与えた大橋訥庵などを紹介します。

 後期では、岩倉具視や五代友厚などの幕末から明治にかけて活躍した人びとを中心に取り上げます。またこれに加えて、勝海舟や高杉晋作、坂本龍馬など幕末に大きな役割を果たした人物にまつわる書画を展示し、紹介します。さらに、田中光顕や明治天皇といった当館とも関わりの深い人物と栄一との関係を取り上げ、紹介していきます。


日時

展示期間
 前期:令和3年4月24日(土曜日)~令和3年7月11日(日曜日)
 後期:令和3年7月17日(土曜日)~令和3年10月3日(日曜日)

開館時間
 10時00分~16時00分

料金

無料


場所

旧多摩聖蹟記念館(多摩市連光寺5-1-1 都立桜ケ丘公園内)


休館日

会期中の休館日
 毎週月・水曜日、5月6日(木曜日)、5月7日(金曜日)、6月8日(火曜日)、6月15日(火曜日)、6月22日(火曜日)、6月29日(火曜日)、7月13日(火曜日)、7月20日(火曜日)、7月27日(火曜日)、8月10日(火曜日)、8月12日(木曜日)、8月17日(火曜日)、8月24日(火曜日)、8月31日(火曜日)、9月21日(火曜日)
 ※5月3日(月・祝)、5月5日(水・祝)、8月9日(月・祝)、9月20日(月・祝)は開館


休館日等についてはこちら(別ウインドウで開く)

交通案内

 旧多摩聖蹟記念館交通案内聖蹟桜ヶ丘駅から永山駅行き(聖ヶ丘団地経由)バス「記念館前」下車 徒歩約5分
 永山駅から聖蹟桜ヶ丘駅行き(聖ヶ丘団地経由)バス「記念館前」下車 徒歩約5分
 または「桜ヶ丘公園西口」下車徒歩約10分
※車でお越しの方は公園の駐車場をご利用ください


問い合わせ

多摩市教育委員会教育振興課文化財係
電話番号042-338-6883


旧多摩聖蹟記念館常設展「渋沢栄一の生きた時代ー所蔵品を中心にー」

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所教育部教育振興課文化財係

電話番号: 042-338-6883

ファクシミリ番号: 042-337-7620

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.