ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩保育園の給食と食育活動

[2021年3月15日]

ID:13009

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

楽しい食育活動

おいしいお弁当をつくろう

 4歳児、5歳児が栄養満点バランス弁当作りに挑戦しました。

 事前に栄養士の先生から普段食べている食品にはそれぞれの働きや特徴があることを教えてもらいました。そして、それらの食品をつかった献立を赤グループ、黄グループ、緑グループにわけ、この3つのグループをまんべんなくお弁当箱に詰め、自分だけのお弁当作りを体験しました。

 例年なら、一人ひとりがトングを使って自分でお弁当箱に詰めるのですが、今年はコロナウイルスの関係でメニュー表から食べたいものを選び、給食室の先生に詰めてもらいました。
 栄養士の先生から「3色のグループからバランスよく選ぶと、元気で健康に過ごせる体になるよ」と教わったので、苦手な食品があっても、ちょっと勇気をだして挑戦する姿がありました。これをきっかけに、食べてみたらおいしかったと思えるようになった子もいます。楽しい経験が、食わず嫌いを克服させくれるようです。

 量的にも、メニュー数でもボリューム満点の給食でしたが、お替りの列が絶えることなく、普段の2倍近くの量をペロリと平らげた子どもたちでした。



 赤のグループはからだを大きくしてくれます。肉、魚、卵、牛乳など主にたんぱく質やカルシウム分を多く含みます。
 赤の食べ物は、血液や筋肉、骨など体を作るもとになる食べ物です。



 黄のグループはエネルギーのもとになります。米、パン、いも類、油などで、主に炭水化物を含む食品です。
 黄の食べ物は、元気に遊んだり、体を動かすための食べ物です。

 緑のグループは体の調子を整えてくれます。野菜やきのこ類などビタミン、ミネラルを多く含む食品です。
 緑の食べ物は体の中の悪い菌を退治したり、おなかの中のお掃除をしてくれる食べ物です。



だいこんがとれたよ

 9月下旬に蒔いた大根の種が、少しずつ大きくなり、寒い冬を越し、立派な大根に育ちました。河津桜の花びらが舞う中で、大根の葉をつかみ、折れないように慎重に引き抜く子どもたち。うまく、引き抜いたときは「とれた!」と、畑のあちこちから歓声があげりました。

 引き抜いた大根を見つめ、「あんなに小さな種だったのに、こんなに大きくなるだ」と、つぶやく子どももいました。また、お迎えに来たおばあちゃんは「うちの孫、いつとれるのかなぁって、ずっと心配していたんですよ。よかった。早速お料理してあげよう」と、教えてくれました。

 一粒の種が、たくさんのストーリーを運んでくれて、とても嬉しい気持ちになりました。

卒園おめでとうございます

 いよいよ年長すみれ組の子どもたちも、4月からは小学一年生となります。保育園生活最後のこの一年、新型コロナウイルス感染症のために、いろいろな行事や体験が縮小され、ちょっとかわいそうな年になってしまったと、周りの保護者や職員は心を痛める日々でした。
 ところが、当の子どもたちは大人の心配をよそに、今できることを思い切り楽しみ、新しい生活様式の中で年長児らしく一日いちにちを大切に過ごしてきました。
 縮小された運動会にむけて縄跳びの練習に励み、連続とびができるようになり自信をつけた子、はじめてのみかん狩りでもぎたてのみかんのおいしさを味わった子、ハンドベルの楽しさを味わった子等々それぞれの姿がありました。ゆったりとしたお友だちと一緒の活動なかで、楽しさを体中で感じ、自分のこともお友だちのことも大切に思える心が育ったようにおもいます。
 毎年この時期は、お別れパーティと題して、子どもたちのリクエストメニューを取り入れながらのバイキングを楽しむのですが、今年はそれもできません。そこで、給食室の先生たちが腕を振るって、ミ二懐石料理「卒園祝い膳」を作ってくれました。食器にも気を配り、ちょっと厳かな雰囲気漂うお膳となりました。子どもたちからは「すごい」と歓声があがり、みんなニコニコ笑顔で食していました。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所子ども青少年部子育て支援課多摩保育園

電話番号: 042-375-8217

ファクシミリ番号: 042-372-7987

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.