ページの先頭です
メニューの終端です。

台湾バドミントンオリンピック代表チームの強化練習(事前キャンプ)中止のお知らせ

[2021年4月16日]

ID:13184

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

台湾バドミントン協会から「今年7月に多摩市立総合体育館で予定していたオリンピック代表チームの強化練習を中止したい」との申し入れがありました

令和3年(2021年)4月13日、台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)より、「台湾バドミントン協会は、オリンピック代表チームが今夏の東京2020大会期間前・期間中に予定していた多摩市での強化練習(事前キャンプ)の実施を取りやめ、直接選手村に入ることを決定致しました。これまでの多摩市のご支援とご協力に深く感謝しております。」との文書が届きました。

中止の理由は、「予定していた宿泊施設(多摩市外)において日本政府から示された新型コロナウイルス感染症対策をガイドラインどおりに実施することが困難と判断し、選手やコーチ等の健康と安全を考慮した結果」とのことでした。

令和2年(2020年)2月、多摩市と台湾バドミントン協会は、台湾バドミントンオリンピック代表チームの強化練習を東京2020大会の期間前・期間中の10日間、多摩市立総合体育館で実施することについて合意しました。同年3月、東京2020大会の1年延期が決定されたことに伴い、改めて令和3年(2021年)7月の実施に向けて再調整してまいりましたが、このたびの中止決定となりました。

市長コメント

はじめに、台湾東部の花蓮県で今月2日に発生した痛ましい列車脱線事故。亡くなられた方々に対しましては心から哀悼の意を表しますとともに、けがをされた方に対しましては一日も早いご快癒を願っております。

さて、このたびの強化練習(事前キャンプ)中止の申し入れ、大会を3か月後に控えたこの時期にスケジュールを大きく変更される事は大変な決断であったものと拝察します。私はその大きな決断を尊重する考えでいます。

オリンピックのバドミントン競技は、東京2020大会において、日本選手と台湾選手がメダルをかけた対戦をすることも予想される注目競技でもあります。世界の種目別ランキングでベスト3やベスト10に入る、世界屈指のアスリートの練習を間近で見学することができる数少ない機会であっただけに本当に残念でなりません。当市の総合体育館での受入れこそ叶いませんでしたが、台湾選手を多くの市民の皆さんとともに、一緒に応援できればと考えています。選手たちのご健闘をお祈りします。

これまでの経緯

● 令和元年(2019年)6月中旬
東京都オリンピック・パラリンピック準備局より、東京2020大会期間前・期間中に台湾バドミントンオリンピック代表チームの練習施設として、多摩市立総合体育館を使用できないかとの打診を受ける

● 令和元年(2019年)7月29日
武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された、ダイハツジャパンオープン2019【東京2020テストイベント】出場のため来日していた台湾バドミントンオリンピック代表チームコーチ2名と、台北駐日経済文化代表処関係者(多摩市と台湾バドミントン協会との交渉仲介者)1名が多摩市立総合体育館を視察

~この間、練習施設の利用方法や多摩市民との交流内容などの各種条件について協議を継続~

● 令和2年(2020年)2月
正式契約を前提として、台湾バドミントンオリンピック代表チームの強化練習を東京2020大会期間前・期間中の10日間、多摩市立総合体育館で実施することについて合意が成立

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所くらしと文化部オリンピック・パラリンピック推進室

電話番号: 042-338-6947

ファクシミリ番号: 042-400-0177

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


台湾バドミントンオリンピック代表チームの強化練習(事前キャンプ)中止のお知らせへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.