ページの先頭です
メニューの終端です。

ワクチン集団接種会場従事職員の接種に関する報道について

[2021年5月14日]

ID:13356

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ワクチン接種を早期に進める工夫が国から求められる中、市立病院など自前の病院を持たない本市では、市内3カ所に臨時の医療機関として集団接種会場を設け、多摩市医師会をはじめとした医療団体との連携のもと、市職員を動員する形で迅速かつ効率的に接種を進める方式をとっています。

また、感染力の強い変異株が猛威を振るう中、感染リスクから接種会場の安全を確保することも市の責務と考えています。全市を挙げて新型コロナウィルス感染症への対応を進める中、市の職員は、日常の業務を通常どおり行いながら、市内3会場で107日間にわたり、順次交替でワクチン接種業務にあたります。

これらの職員が万が一の感染源となるリスクを回避し、高齢者から開始するワクチン接種を安全に受けていただくために、集団接種会場で従事する市職員のうち338人に事前のワクチン接種を行いました。また、ワクチン接種をした職員も含めすべての集団接種会場従事職員にPCR検査を行いました。

これらの従事職員を医療従事者と同様に扱うことについては、厚生労働省の通知や東京都への問い合わせで問題のないことを確認しています。また、当該接種は、医療従事者向けのワクチン枠で対応しており、市民の接種に影響は与えません。

まだ予約できていない接種希望者がいらっしゃる中で、昨夜の週刊朝日のネットニュースのような「多摩市職員がワクチンを優先接種した」との報道は、国をあげてワクチン接種を進めている中、市民に不安と誤解を招くもので、前述のような背景を踏まえない報道は誠に遺憾です。

現在、ワクチン確保とともに、予約方法の見直しや接種機会の拡大を鋭意進めており、早期のワクチン接種実施により、新型コロナウィルス感染症への不安解消に注力していきます。

なお、市長である私をはじめ、ワクチン接種に直接従事しない職員は、ワクチンの接種は行っていません。市民の接種を最優先に、また貴重なワクチンを無駄にしないよう、引き続き工夫を重ねていきます。

令和3年5月14日 多摩市長 阿部裕行

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話番号: 042-313-7003
※電話のかけ間違いが多く発生しています。おかけになる際は、かけ間違いにご注意ください。

ワクチン集団接種会場従事職員の接種に関する報道についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.