ページの先頭です
メニューの終端です。

手でふれるいのちのぬくもり展 ~ミニ・生命(いのち)のメッセージ展in多摩&お絵かきワークショップ~

[2021年6月7日]

ID:13364

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

※※ 新型コロナウイルス感染状況により、事業の内容変更や中止となる場合があります。ご了承ください ※※

  • ご来場の際は必ずマスクを着用し、入口での検温・手指消毒の徹底にご協力をお願いいたします
  • 発熱や咳など、体調がすぐれない場合は参加をお控えください

ミニ・生命(いのち)のメッセージ展in多摩   ※ 入場無料・申込不要

犯罪・事故・いじめ・医療過誤・一気飲ませなどによって、理不尽に生命を奪われた犠牲者が主役のアート展です。

犠牲者ひとりひとりの等身大の人型パネルは、メッセンジャーとよばれ、その胸元には本人の写真や家族の言葉を貼り、足元には「生きた証」である靴を置いて、命の大切さを訴えています。無念にも亡くなり、生きたくても生きられなかったメッセンジャーたちの想いを伝え、「加害者も被害者も生まない、いのちが守られる社会」の実現を夢見ています。

▽協力 NPO法人いのちのミュージアム

日時

令和3年6月20日(日曜日)~6月26日(土曜日) 10:00~17:00

場所

多摩市立関戸公民館ギャラリー(多摩市関戸4-72 ヴィータ・コミューネ7階)

お絵かきワークショップ  ※参加無料・事前申込制・定員各回20名(申込先着順)

“いのち”って何色?画家の「まこちゃん」「しんちゃん」といっしょに、環境にも体にもやさしい「キットパス」を使って、みんなで大きな絵をかこう!手形のスタンプもできます。

みんなでかいた絵は、ワークショップ終了後、講師が仕上げ作業を行います(見学自由)。完成したアート作品は関戸公民館ギャラリーに展示されます。


日時

令和3年6月20日(日曜日)  第1回 10:00~11:30  第2回 12:00~13:30

(作品展示期間:6月22日(火曜日)~6月26日(土曜日) 10:00~17:00)

場所

多摩市立関戸公民館ギャラリー(多摩市関戸4-72 ヴィータ・コミューネ7階)

対象

多摩市在住・在勤・在学の方どなたでも(未就学児は保護者同伴)

定員

各回20名(申込先着順) ※定員に達し次第締め切らせていただきます

講師

<プロフィール>

●画家・田川誠氏<まこちゃん>(左)
長崎県出身、静岡県在住。長崎日本大学高等学校デザイン美術科卒業。
「目に見えない大切なものを描く」ことをテーマに、絵画作品の制作と展示を行っている。
絵画制作以外では、ワークショップ講師、舞台美術、商品開発、書籍出版などを手がけている。

●ディレクター・深澤慎也氏<しんちゃん>(右)
静岡県出身、静岡県在住。田川氏と共に活動し、展覧会、ワークショップ、商品開発、書籍出版等の企画・運営を行っている。
Macの向こうからー日本でつくるキャンペーン(アップル)、調布市文化会館開館20周年記念ホッピー(ホッピービバレッジ)、
長崎市立図書館開館10周年記念カステラ(文明堂総本店)などを手がけている。

参加申込方法

申込受付開始:6月7日(月曜日)9:00  電話、ファクシミリ、電子申請のいずれかで平和・人権課へお申し込みください。

電話

042-376-8311(電話受付時間 平日9:00~17:00)

ファクシミリ

042-339-0491(下記チラシ裏面の申込様式をご利用ください)

電子申請

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所 くらしと文化部 平和・人権課
電話番号: 042-376-8311 ファクシミリ番号: 042-339-0491

手でふれるいのちのぬくもり展 ~ミニ・生命(いのち)のメッセージ展in多摩&お絵かきワークショップ~への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.