ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩市食品ロス実態調査について(結果報告)

[2021年6月1日]

ID:13396

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多摩市内の家庭から出る食品ロスについて調査しました!

食品ロス実態調査について

「食品ロス」とは、本来食べられるのに捨てられてしまっている食品(食べ残し食品及び期限切れ等による廃棄食品)のことで、日本の食品ロス量は年間600万トン、うち家庭系は276万トンになります。(平成30年度推計値)

国は令和元年10月「食品ロスの削減の推進に関する法律(食品ロス削減推進法)」を施行し、食品ロス削減のために自治体・企業・消費者が協力し、社会全体として取り組むべきとしています。

多摩市では、多摩市の食品ロスの実態を把握するため、環境省の「食品ロス実態調査支援事業」を活用し、家庭から排出される「燃やせるごみ」の中に含まれる食品ロスの現状を調査しました。

調査結果

食品ロスの調査結果から、多摩市の1人1日あたりの家庭系食品ロス発生量は、38.7グラム(3地区単純平均)と推計されます。これは、日本平均の1人1日あたりの家庭系食品ロス発生量が59.8グラム(平成30年度推計)と比較すると少ないと考えられます。

1.多摩市民一人あたりの家庭系食品ロス発生量は、「一日約38グラム!」

2.多摩市内の全世帯に換算すると、「年間約2,095トン!」

(3地区単純平均)


多摩市における食品ロスの状況

令和3年3月12日(金曜日)に実施した実態調査では、3つの地区の試料を調査しました。燃やせるごみの中で食品廃棄物は33.7%含まれていました。食品廃棄物に占める食品ロス(直接廃棄と食べ残し)の割合は28.5%でした。また直接廃棄された食品のうち、「100%手つかず」で捨てられた食品が約4分の3を占めていることが分かりました。

食品ロス削減へのご協力をどうぞよろしくお願いします。

直接廃棄された食品

100%残存

調査実施時の写真

当日の写真

当日の写真2

令和2年度食品ロス調査報告書

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所環境部ごみ対策課(資源化センター)ごみ減量推進担当

電話番号: 042-338-6836

ファクシミリ番号: 042-356-3919

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


多摩市食品ロス実態調査について(結果報告)への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.