ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩市職員における新型コロナウイルスワクチン接種後の健康状況調査の結果がまとまりました

[2021年6月22日]

ID:13549

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

集団接種会場での従事にあたり新型コロナウイルスワクチン接種(ファイザー社製ワクチンを使用)を行った多摩市職員約300人の、1・2 回目のワクチン接種後の健康状況に関する調査結果をとりまとめました。

企業等においてはじまった職域接種の今後の拡大に向けては、ワクチン接種日以降の従業員の一時的な体調不良による休暇なども想定した企業等の対応が、接種を受ける従業員等の不安解消や企業活動への影響の最小化につながるものとの考えから、ワクチン接種の一つの事例として、ご報告いたします。

なお 、本資料については、同様の趣旨から、令和3年6月18日に内閣府及び東京都福祉保健局を通じて、河野太郎内閣府特命担当大臣、小池百合子東京都知事に対しても情報提供しています。

調査の概要

調査対象者

集団接種会場での従事にあたり接種を行った市職員(10~60 歳代)338人

調査期間

令和3 年5月27日~6月4日

回答数

308人

調査方法

Web調査

集計結果のサマリー

  • 副反応疑い症状について、1回目接種後は70.5%が、2 回目接種後は91.2%が「あり」と回答。「10~20 歳代」は1回目接種後では全体結果より約9ポイント低かったが、2回目接種後では全体結果を6.6ポイント上回る結果となった。
  • 症状別では、「疼痛」が1・2回目接種後ともに高い出現率となった一方、「37.5℃以上の発熱」、「全身倦怠感」、「頭痛」は2回目接種後に出現率が大きく上昇 。特に、「37.5℃以上の発熱」は、「10~20 歳代」と「30歳代」に、「頭痛」は2回目接種後の「10~20 歳代」に多く見られた。
  • 各症状は平均2~3日程度継続(参考値として、多摩市職員では2 回目の接種後の体調不良により休暇を取得したのは40.6%、平均取得日数は1.3日)。なお、その後は全員が通常どおり執務をおこなっている。

※詳細については、「多摩市職員における新型コロナウイルスワクチン接種後の健康状況調査報告」をご覧ください

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

健康推進課特命事項担当
電話番号: 042-376−9111

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.