ページの先頭です
メニューの終端です。

東京2020オリンピック出場決定おめでとう! 砂間敬太選手(市内在住) 【東京2020大会特別企画】多摩市ゆかりの選手応援プロジェクト(5)

[2021年7月2日]

ID:13560

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【東京20202大会特別企画】多摩市ゆかりの選手応援プロジェクト(5)

多摩市内に在住、在勤、在学していたり、多摩市内で練習を重ねたりしながらオリンピック・パラリンピック出場を目指す選手にインタビューを行い、選手自身や競技について紹介していきます。

砂間 敬太 選手

砂間敬太選手



第5回は、競泳・男子背泳ぎ200メートルで、東京2020オリンピック競技大会出場権を獲得した多摩市在住の砂間敬太(すなまけいた)選手(26歳)。所属するイトマン東進が多摩市に設立したオリンピック仕様公認競技用プールで練習に励んでいます。初のオリンピック出場にかける意欲を伺いました。

写真提供:株式会社イトマンスイミングスクール

インタビュー内容

-オリンピック出場を決めたお気持ちをお聞かせください

まずはほっとした気持ちでした。5年前にリオデジャネイロオリンピックの選考会で落選してしまった記憶がよみがえり、レース前はすごく怖かったのですが、ゴールした瞬間、出場権獲得となる2位に入ったことが分かりほっとしました。

砂間選手の写真

競泳男子200メートル背泳ぎ決勝の砂間選手

砂間選手の写真

競泳男子200メートル背泳ぎ決勝でゴールした瞬間の砂間選手

-水泳を始めたのはお父様がきっかけだったとか

カヌーが好きな父親に連れられて川によく行っていたんです。川遊びに夢中になる様子を見て、3歳からスイミングスクールに通わせてくれました。小学4年生から始めた野球も楽しかったのですが、水泳のほうが夢中になれました。泳いでいるとき周りの音が聞こえず、集中できるところが自分に合っていたんだと思います。無心になれるのが好きなところは現在も同じですね。

-小学4年生から中学3年生まで不登校の期間があったと聞いています

学校へ行きたくない自分と学校に行ってほしい親との気持ちのすれ違いがつらい時期もありましたが、両親はやがて受け入れ、見守ってくれるようになりました。水泳もやめてしまっていたのですが、コーチが熱心に声をかけ続けてくれて、再び踏み出すことができたんです。

-水泳を続けたことで、名門・天理高校(奈良県)に進学されましたが、高校生活はいかがでしたか?

学校と水泳の両立もありましたし、親元を離れての寮生活でした。最初は不慣れなことばかりでしたが、良い仲間ができ、とても楽しく生活できました。当時は自己ベストを出したいという一心だったので、オリンピックを見ても「すごいなぁ」と思うばかりで、別世界のようでした。

-憧れていた選手はいますか?

1学年上の萩野公介選手と瀬戸大也選手が切磋琢磨し、世界の舞台で活躍する姿に憧れていました。特に、萩野選手が高校3年生のときにロンドンオリンピックで銅メダルを獲得したのを見て、すごいなぁって思っていました。
僕自身は、大学進学後に記録が伸び始め、大学2年生だった2015年頃には憧れていた選手たちの背中が近くなってきたことを感じ、彼らに勝ちたいという思いが芽生えました。国際大会への出場も増え、世界を意識し始めたんです。夢だったオリンピックが目標に変わり、リオオリンピック代表選考会まで1年間本気で取り組みましたが、4年間頑張ってきた選手たちとの気持ちの差がラストに表れてしまったのかなと思います。4年間強い気持ちを持ち続けないといけないのがオリンピックなのだと実感しました。そこから2020年まで、この気持ちを絶対忘れないと誓ったんです。
大会の1年延期が決まったときは、4年間頑張ってきたのに・・・と心が折れそうになりました。でも、さらに1年間、毎日やれることをしっかりやろうと切り替えました。気持ちも一段と強くなったので、今は良かったなと前向きにとらえています。

-ご自身のアピールポイントを教えてください

25メートルを過ぎたあたりからの平均速度が落ちにくい点は、世界のトップレベルに負けない部分だと思っています。また、100メートルを過ぎてから後半の強さも持ち味なので、練習で磨いているところです。

ーオリンピックへ向けての意気込みをお願いします

多摩市に越してきて2年ぐらい経ちましたが、緑が多く、街の人も温かいところに支えられています。そういった方々に勇気や感動を与えられるよう、結果で恩返ししたいと思っています。メダルが獲れれば一番ですが、まだ世界大会の決勝に残ったことがないので、まずは決勝に残ることを目標に頑張りたいと思います。


引き続き応援していきます

水泳の魅力、学生時代の経験、オリンピックに懸ける気持ちを語ってくださった砂間選手。多摩市は、これからも砂間選手を応援していきたいと思います。

砂間選手応援懸垂幕
砂間選手応援ポスター

選手の健闘を見逃すな!

競技日程
日にち時間会場競技
7月28日(水曜日)19時00分~21時30分東京アクアティクスセンター男子200m背泳ぎ予選
7月29日(木曜日)10時30分~13時10分東京アクアティクスセンター男子200m背泳ぎ準決勝
7月30日(金曜日)10時30分~12時10分東京アクアティクスセンター男子200m背泳ぎ決勝

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所くらしと文化部オリンピック・パラリンピック推進室

電話番号: 042-338-6947

ファクシミリ番号: 042-400-0177

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


東京2020オリンピック出場決定おめでとう! 砂間敬太選手(市内在住) 【東京2020大会特別企画】多摩市ゆかりの選手応援プロジェクト(5)への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.