ページの先頭です
メニューの終端です。

クビアカツヤカミキリについて

[2021年7月29日]

ID:13644

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

クビアカツヤカミキリは、特定外来生物に指定された昆虫で、人体に害はありませんが、幼虫はサクラや、ウメ、モモなどの樹木に寄生し樹木を衰弱させてしまいます。

クビアカツヤカミキリの成虫や、フラス(木屑)が発生し幼虫が寄生していると思われる樹木を発見した場合は、環境政策課にご連絡ください。成虫を捕獲した場合は、逃がさず処分してください。特定外来生物に指定されているため、飼育や販売、運搬などが禁止されています。

クビアカツヤカミキリの特徴

・体長:25mmから40mm
・発生期:6月から8月頃
・全体は青みを帯びた黒色で、つやつやした光沢がある
・前胸部(首のように見える部分)が赤い
・触角はオスの方が長い
・つかむと強い匂いを放つ

クビアカツヤカミキリの成虫

クビアカツヤカミキリの成虫(画像提供:東京都環境局)

どのような被害があるの?

クビアカツヤカミキリは、サクラなどの樹皮の割れ目に産卵します。卵からかえった幼虫は樹皮に穴をあけて、およそ2年間、主に樹皮直下の部分を食べ、時には枯れさせてしまいます。

こんなサインに注意してください

クビアカツヤカミキリの幼虫は、成虫になるまでの2年間、サクラなどの樹木の中に潜み、木の中身を食べて枯らしてしまいます。その際、幼虫はフラスという木屑とフンが混ざったものを排出します。
サクラやウメ、モモなどの樹木の根本や幹にフラスが出ていると、木の内部にクビアカツヤカミキリの幼虫がいる可能性があります。
成虫は6月から8月頃に出現し、フラスは幼虫の活動時期である5月から10月頃活発に排出されます。
樹皮表面のフラス

樹皮表面のフラス(画像提供:東京都環境局)

根元に発生したフラス

根元に発生したフラス(画像提供:東京都環境局)

根元に堆積したフラス

根元に堆積したフラス(画像提供:東京都環境局)

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

多摩市役所環境部環境政策課環境政策担当

電話番号: 042-338-6831

ファクシミリ番号: 042-338-6857

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


クビアカツヤカミキリについてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.