ページの先頭です
メニューの終端です。

【ひきこもりに関する講演会】生きづらさに寄り添う関わり方とは~ひきこもりの経験者と支援者に聴く~

[2021年10月31日]

ID:14042

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

講演会の概要

社会生活の中で“生きづらさ”を感じている方は多く、それは決して他人事ではありません。ひきこもりや不登校などさまざまな悩みを抱える子ども・若者に家族や地域はどんなサポートができるのか。
ソーシャルワーカーを務めた経歴を持つ長谷川俊雄氏(白梅学園大学教授)を迎え、ひきこもりの要因に応じた寄り添い方についてお話しいただきます。
また、後半では認定NPO法人文化学習協同ネットワークによる支援者とひきこもり経験者との対談も予定しております。この機会に是非ご参加ください。

講師・ゲスト

【前半】

白梅学園大学教授

長谷川 俊雄(はせがわ としお) 氏

〈プロフィール〉

・白梅学園大学子ども学部教授
・NPO法人つながる会 代表理事 (横浜市)
・NPO法人フリースペースたまりば 理事(川崎市)
・1981年から横浜市役所の社会福祉職として,寿生活館,福祉事務所,保健所でソーシャルワーカーとして勤務。その後、精神科のクリニックでソーシャルワーカーとして勤務。2002年からは大学教員として研究・教育とソーシャルワーカー養成に取り組む。

【後半】

認定NPO法人文化学習協同ネットワーク

支援者とひきこもり経験者

開催日時

2021年12月18日(土曜日)13時00分~16時 (開場 12時30分)

会場

永山公民館 (ベルブ永山5階)/ ベルブホール

対象者

ひきこもり等生きづらさに悩む方・その家族・関心がある方などどなたでも

※手話通訳・要約筆記あり

定員・参加費

・70名 (事前予約制)

・参加費無料

申込期間・方法

申込期間

2021年11月5日(金曜日)~2021年12月15日(水曜日)

※事前予約は終了しました。当日席を約10席ご用意していますので、予約されていない方も先着順でご案内いたします。


《新型コロナウイルス感染症拡大防止のご協力をお願いします》

〚参加にあたってのお願い〛
・ ご予約の際に、お名前、連絡先を伺っています。お預かりした個人情報は、本講演会の運営および感染発病時のみ使用し、目的外には使用しません。

・ 咳、発熱、息苦しさ、だるさ、頭痛やのどの痛みなどの異常など体調のすぐれない方はご遠慮ください。

・ 当日、受付にて非接触式体温計で検温を行っています。37.5度以上の方は、参加をご遠慮いただきますので、ご了承願います。

・ 会場入り口に手指用アルコール消毒液を設置しています。入場前に手指の消毒にご協力ください。

・ 参加者の方は、マスクの着用をお願いします。

・会場内で気分が悪くなった場合は、決して無理をせず速やかにスタッフにお申し出ください。

・ 参加後、万一感染していることがわかった場合、速やかに多摩市児童青少年課までご連絡ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所子ども青少年部児童青少年課子ども・若者育成係

電話番号: 042-338-6958

ファクシミリ番号: 042-372-7988

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


【ひきこもりに関する講演会】生きづらさに寄り添う関わり方とは~ひきこもりの経験者と支援者に聴く~への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.