ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナワクチン(従来型)の有効期限の延長について

[2022年10月28日]

ID:14812

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

有効期間の取扱いについて

 ワクチンの有効期間は、一定期間ワクチンを保存した場合に品質が保たれるかについて、当該ワクチンを製造・販売する企業において集められたデータに基づき、薬事上の手続きを経て、設定されます。このため、一度有効期間を設定した後であっても、当該企業において、引き続き、より長くワクチンを保存した場合に品質が保たれることについてデータが集められれば、そのデータに基づき、薬事上の手続きを経て、有効期間が延長されることがあります。
 これらの薬事上の手続きを経て、令和4年10月7日現在、ファイザー社ワクチン(12歳以上用)の有効期間は15カ月、ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期間は12カ月、モデルナ社ワクチンの有効期間は9カ月となっています。
 一方で、延長前の有効期間等を前提とした有効期限(最終有効年月日)が印字されているバイアルも、現在、流通し、使用されているところです。
 新型コロナワクチンは、貴重なワクチンであり、これを無駄にせず、有効に活用する観点から、このようなバイアルについては、延長後の有効期間を前提として取り扱って差しつかえないこととしています。


新型コロナワクチンの有効期限の取扱いについて(別ウインドウで開く)」(厚生労働省公式ホームページへリンク)

ファイザー社ワクチン及びモデルナ社ワクチンの有効期限の取扱いについては、下記PDFファイルをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部健康推進課(健康センター)特命事項担当

電話番号: 042-313-7003

ファクシミリ番号: 042-313-7754

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.