ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩市消防団活動見直し検討委員会を開催

[2021年11月16日]

ID:15797

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多摩市消防団活動見直し検討委員会

多摩市において、消防団員の確保が難しくなっているとともに、消防団を取り巻く環境も変化してきていることから、多摩市消防団として、団員から直接意見を聞き、今後の活動に対する団本部への「提案」を行うため、多摩市消防団活動見直し検討委員会を開催しました。

当検討会から提出された「提案」については、団本部にて協議を行い、可能な限り、今後の活動計画等を作成する際に反映するとともに、消防団員の処遇改善・消防団の入団促進につなげます。

検討会に参加した団員たちは、今後の消防団活動について各班に分かれて真剣に話し合い「他分団の方と意見交換できてよかった。」「1回だけと言わずに、定期的にこのような機会を設けてほしい。」「この検討会の提案については、是非とも実現させてほしい。」といった意見もあり、団員同士の交流を楽しんでいる様子でした。

見直し検討委員会の様子

委員の構成

委員長

森久保消防団長

ファシリテーター

吉沼本部員

ファシリテーター補佐

佐伯洋之助本部員、佐伯一哉本部員

メンバー

全10分団から入団5年前後・10年前後の団員を各1名選出(参加団員数 延べ60名)

意見集約方法

班編成

1班5名の4班構成

実施回数

全3回(令和3年6月16日水曜日19時、令和3年8月4日水曜日19時、令和3年11月14日日曜日9時)

意見集約方法

  • グループワークを行う
  • 第1回目で全3回分のテーマを決定
  • 各回、テーマに沿った話し合いを行う
  • 団本部への提案となるよう、最終的に各班から発表を行い、その日の意見をまとめる

各回のテーマ

検討委員会テーマ
 テーマ 背景 

1回目

6月16日 

活動の認知(地域へのイメージ・ステータス向上、広報)  地元とのつながりができる。仕事以外でのつながりができる。活動を広めていきたい。

2回目

8月4日

 団員確保・待遇向上(家族含めて) 家庭に優遇が欲しい。消防団の活動が知られていない。若い人に知られる機会が少ない。租税の軽減など大きなメリットの創設。

3回目

11月14日 

 負担の軽減 家族との時間がとられる。操法への取り組み手法、訓練内容及び訓練実施時期の検討。日曜日の訓練への参加が大変。本業との両立。

検討委員会を踏まえた、多摩市消防団の新たな取り組み

第1回テーマ 活動の認知

  • 出初式の会場を多摩センター駅近隣のパルテノン多摩及び多摩中央公園へ変更
  • ポンプ操法大会の会場を多摩市立陸上競技場へ変更

第2回テーマ 団員確保・待遇向上

  • 消防団員報酬を一律2万円増額
  • 出初式表彰記念品をバッジ・盃からカタログギフトへ変更

第3回テーマ 負担の軽減

  • ポンプ操法大会を隔年実施へ変更
  • 春の消防訓練を土曜日夜間で試行実施

多摩市消防団活動見直し検討委員会報告書

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所総務部防災安全課消防担当

電話番号: 042-338-6802

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.