ページの先頭です
メニューの終端です。

公園・緑地での猛毒キノコ「カエンタケ」にご注意ください

[2022年8月23日]

ID:15995

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多摩市内の公園でカエンタケが確認されました。
※発見したカエンタケは、管理者により撤去済です
カエンタケ(ニクザキン科ツノタケ属)の毒性は非常に強く、誤って食べてしまうと死に至る可能性があります。食用キノコのベニナギナタタケ(シロソウメンタケ科ナギナタタケ属)と間違う場合がありますので注意してください。
また、触れるだけで皮膚の炎症をひき起こす場合もありますので、発見しても絶対に触らないでください。
公園や緑地でカエンタケを⾒つけた場合は、公園管理者が確認し除去しますので、公園緑地課へご連絡ください。

カエンタケ
特徴 形と色表面はオレンジ色から赤色で細長い円柱状または棒状で、土から手の指が出ているように群生または単生する。中は白く硬い。
 発生時期

夏から秋にかけて。

 発生場所ブナ、コナラなどナラ類などの広葉樹林の地上に郡生して発生する。
症状

食後30分から、発熱、悪寒、嘔吐、下痢、腹痛、手足のしびれなどの症状を起こす。2日後に、消化器不全、小脳萎縮による運動障害など脳神経障害により死に至ることもある。

毒性成分トリコテセン類:毒性は強く、食べても、触っても毒である。

参考資料(外部サイト)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所環境部公園緑地課みどり担当2

電話番号: 042-338-6827

ファクシミリ番号: 042-338-6857

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


公園・緑地での猛毒キノコ「カエンタケ」にご注意くださいへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.