ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩市洪水・土砂災害ハザードマップ

[2020年6月3日]

ID:10855

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多摩市洪水・土砂災害ハザードマップを作成しました(令和2年3月改定)

 多摩市では、令和2年3月に「多摩市洪水・土砂災害ハザードマップ」を作成しました。台風や大雨によって、河川の氾濫や内水被害が発生した場合に予想される浸水の範囲、浸水の深さ、避難所等が掲載されています。また、近年の風水害の被害を受け、風水害に対する備えや避難行動などの情報も追加しました。

 災害時は、普段からの備えが重要になります。家族で避難場所や避難経路の確認、インターネットやテレビなどでの情報収集を行い、早めの避難を心がけましょう。

※以前より配布している「防災マップ 」は、地震発生時の避難方法や避難場所を記載していますので、あわせてご確認ください。

※記載内容については、令和2年3月31日現在の情報になります。


洪水・土砂災害ハザードマップ

注意事項

・ご家庭で目につきやすいところで保管してください。

・一部の避難所は、浸水時の使用不可の場合がありますので、他の避難所も確認しておきましょう。

・地図に掲載されている浸水の範囲や深さは、任意の想定に基づいたシュミレーションの計算結果で、土地の危険性を示すものではありません。また、浸水の予想されない範囲の安全性を保証するものでもありません。

・浸水の予測される範囲及び程度は、雨の降り方や土地の形態変化、河川や下水道の整備状況などにより変化することがあります。

・こちらの内容については、以下の情報を反映させています。

(土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域、浅川圏域・大栗川及び三沢川流域浸水予想区域図)



ハザードの内容について

多摩川、浅川、大栗川(合流点より下流)の浸水想定区域について

この図は、多摩川、浅川、大栗川(合流点より下流)の想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域、浸水した場合に想定される水深を表示したものです。


乞田川・大栗川(合流点より上流)の浸水予想区域について

河川からあふれた水や河川に到達する前の地盤の低い箇所、内水氾濫、下水道の処理能力を超えてたまる水などに浸水する範囲です。

  • 作成年月日:令和2年1月30日
  • 想定雨量:

     (1)浅川圏域及び大栗川流域:1時間最大雨量153ミリメートル、24時間総雨量690ミリメートル 

     (2)三沢川流域:1時間最大雨量152ミリメートル、24時間総雨量690ミリメートル


土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域について

令和元年9月5日に指定された「土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域」の情報を反映させています。詳しい内容についてはこちら

  • 指定年月日:令和元年9月5日
  • 指定についてのお問い合わせ:東京都建設局河川部(電話:03‐5320‐5429)、東京都南多摩東部建設事務所(電話:042‐720-8622)


関連ファイル

索引図

洪水・土砂災害ハザードマップ

配布場所

・防災安全課(本庁舎2階)

・多摩センター駅出張所

・聖蹟桜ヶ丘駅出張所

・永山公民館

・各コミュニティセンター


業者の方へ

ハザードマップの配布は、市民の方のみを対象としております。

ご使用の場合は、本ページ上のPDFファイルを印刷していただくか、第2庁舎1階の行政資料室にてコピーをお願いします。

ご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所総務部防災安全課防災担当

電話番号: 042-338-6802

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.