ページの先頭です
メニューの終端です。

禁煙治療費助成事業

[2015年12月7日]

ID:3425

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和元年10月から禁煙治療費助成金交付事業を開始しています。医療機関で『ラクに』『確実に』禁煙してみませんか?

禁煙を希望する市民を応援します!

多摩市では、禁煙治療費を助成し、市民の健康増進を図るとともに、受動喫煙のないまちづくりをめざします。

◇対象者

・多摩市に住所を有する20歳以上の方

・登録申請時に禁煙治療開始前の方


◇助成の対象となる禁煙治療費

助成の対象となるのは、医療機関において行う健康保険の適用がある禁煙治療費に限ります。


【保険適用の禁煙治療を受けるための要件】 以下の(1)~(5)の要件を満たすこと

(1)TDSニコチン依存度テスト5点以上(下記テスト参照)

(2)35歳以上の方は【1日の喫煙本数×これまでの喫煙年数】が200以上

(3)ただちに禁煙を始めたいと思っている

(4)禁煙治療を受けることを文書で同意する

(5)過去に禁煙治療を受けた場合、前回治療の初診日から1年経過している

※治療の可否は医療機関が判断しますが、該当することをご確認の上お申し込みください。

TDSニコチン依存度テスト
設問 

はい

(1点)   

いいえ

(0点)   

(1)自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうこがありましたか はいいいえ 
(2)禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか はいいいえ 
(3)禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか はい いいえ

(4)禁煙をしたり本数を減らしたときに、次のどれかがあてはまりましたか

  【イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、

   胃のむかつき、脈が遅い、手の震え、食欲または体重増加】

 はい いいえ
(5)(4)の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか はい いいえ
(6)重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか はい いいえ
(7)タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか はい いいえ

(8)タバコのために自分に精神的問題(※注)が起きているとわかっていても吸うことがありましたか

 はい いいえ
(9)自分はタバコに依存していると感じることがありましたか はい いいえ
(10)タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか はいいいえ

 (※注)禁煙や本数を減らしたときに出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、

            喫煙することによって神経質になったり、不安や抗うつなどの症状が出現している状態

◇助成金額

禁煙治療費自己負担額の2分の1を助成(上限10000円)

※本事業の助成が受けられるのは、1人1回限りです。


◇助成の流れ

1 登録申請

治療を開始する前に、禁煙治療費助成事業に登録申請をします。

登録申請は、電子申請・郵送・健康センター窓口にて行うことができます。

申請には、「登録申請書」と「登録申請時アンケート」が必要です。

郵送・窓口での申請の際は、書類は下記からダウンロードできるほか、健康センター・禁煙治療実施医療機関・薬局でも配布しています。

電子申請は、下の 『関連情報』 からお願いします。

登録申請書が健康センターに届いてから、1週間程度で登録決定通知書を送付します。


多摩市内の禁煙治療実施医療機関(一覧)
医療機関一覧住所電話番号予約の有無

  まさ内科クリニック

   関戸4-72 聖蹟桜ヶ丘オーパ5階   042-355-2300  
  そよかぜ内科 関戸2-66-1042-400-7112 
  大池内科クリニック   東寺方1-2-2 トータルビル2階    042-355-7001 
  布施川医院 落川1329   042-373-5858 
  松田健身クリニック 桜ケ丘2-10-17042-375-3337  要予約
  聖ヶ丘病院 連光寺2-69-6   042-338-8111  要予約
  たかまつ耳鼻咽喉科 永山1-14-12   042-376-4747 
  斉藤内科呼吸器科 永山4-2-6-202   042-373-2522  要予約
  永山内科クリニック 乞田1426 KTAビル2階   042-338-2355
  中村内科医院   諏訪5-10-7   042-375-7757  要予約
  あいクリニック   貝取1431-3     042-375-9581  事前に連絡にて相談
  田村クリニック   落合1-32-1 ぺぺリビル4階・5階   042-356-0677    要予約
  多摩センタークリニックみらい     落合1-38 マグレブパーキングビル1階   042-316-8570  要予約

  武島内科クリニック

 落合3-11-3   042-338-5665 

  あべ多摩センター内科

 鶴牧1-22-2多摩メディカルビルディング2F042-373-7755



登録申請を置いている薬局(一覧)

薬局一覧 

住所電話番号 
 丘の上薬局(聖蹟桜ヶ丘) 関戸4-72  聖蹟桜ヶ丘OPA 1階  042-356-3222 
  ファーム薬局   東寺方1-2-2   042-372-2020 
  あげは薬局   永山1-14-12 キャスケード11階    042-311-4484 
  あけぼの薬局   永山4-2-5101  042-374-3145 
  そうごう薬局   乞田1426 KTAビル1階    042-400-1731  
  クローバー薬局   諏訪5-9-10    042-400-7138 
  乞田五差路薬局   貝取1431-5   042-355-5330                       
  丘の上薬局(多摩センター)   落合1-32-1 多摩センターペペリビル403   042-356-0130 
  ウラン薬局   落合1-38 マグレブパーキングビル  042-355-8551 
  龍生堂薬局  落合1-44 丘の上プラザ101   042-311-1936 



登録申請書、登録申請時アンケートは下記からダウンロードできます。

関連情報

2 禁煙治療開始

登録決定通知書が届いたら、医療機関で治療を開始します。

助成の対象となるのは、登録を受けた後に開始した禁煙治療費についてです。

(※ただし、健康保険の適用を受けた禁煙治療費に限ります。)

助成金交付請求時に医療機関・薬局の「領収書」と「明細書」が必要となりますので、必ず保管しておいてください。


3 助成金交付請求

治療が終了したら、郵送または健康センター窓口にて、禁煙治療費助成金交付請求の手続きをします。

請求手続きには、医療機関・薬局それぞれの「領収書」と「明細書」が必要です。

助成金の交付請求ができる期間は、登録日の翌日から6か月以内、かつ治療が終了した月の翌月末までです。

◇申請時の必要書類

~登録時~(1)・(2)を記入の上ご提出ください【電子・郵送・窓口】

(1)禁煙治療費助成金交付登録申請書

(2)禁煙治療費助成金交付登録申請時アンケート


~請求時~(1)・(2)・(3)を記入し、(1)に捺印の上ご提出ください【郵送・窓口】

(1)禁煙治療費助成金交付請求書(下記よりダウンロードできます)

(2)禁煙治療費助成金交付請求時アンケート(下記よりダウンロードできます)

(3)禁煙治療費助成金請求チェックリスト(下記よりダウンロードできます)

(4)病院の領収書と明細書 (コピー) ※禁煙治療に要した診療費がわかるもの

(5)薬局の領収書と明細書 (コピー) ※禁煙治療に要した薬剤費がわかるもの

〈ご注意ください〉

「領収書」と「明細書」は別のものです。請求には両方が必要となります。

 ・領収書・・・病院・薬局で支払った金額が記載されているもの

 ・明細書・・・治療内容・調剤内容が記載されているもの


◇禁煙治療費の目安

健康保険が適用される禁煙治療は原則5回、8週間から12週間の通院が基本です。

健康保険により3割の自己負担の場合は概ね12000円から19000円程度かかります。(東京都福祉保健局の発行誌より)

※治療内容により異なりますので、各医療機関でご確認ください。


はじめてみませんか?禁煙!

毎月22日は「禁煙の日」

suwannnohi

禁煙推進学術ネットワークでは、毎月22日を「禁煙の日」として、日本記念日協会に登録。

「スワンスワン(吸わん吸わん)で禁煙を!」をスローガンに禁煙を推進しています。

あなたも禁煙をはじめてみませんか?
禁煙に関する情報は、以下『厚生労働省の最新たばこ情報』へどうぞ。

禁煙するとこんなにお得!

禁煙による経済的メリット

タバコを毎日1箱吸い続けた場合、1箱430円として計算すると、1ヶ月12900円。半年で、77400円。家族でゆっくり温泉旅行を楽しむこともできます。ほしかった電気製品を買うことも可能。健康を保ち、医療費の支出も抑えられます。ぜひ、助成金を利用してこの機会に禁煙に取り組んでみませんか?


禁煙のメリットのグラフ

たばこをやめて快適で余裕のある生活を 禁煙学会より引用

禁煙による身体的メリット

たばこをやめると、まず血圧値や呼気中の一酸化炭素濃度などが回復し始めます。数ヶ月後には心臓や肺機能も改善してきます。禁煙10年後には肺がんによる死亡率が喫煙者の半分になり、15年後には冠動脈疾患のリスクが、もともとたばこを吸わなかった人のレベルまで近づくことがわかっています。(日本医師会:すすめよう禁煙やめられない喫煙はニコチン依存症より引用)

思い立ったら、今こそ!薬の力も借りて「ラクに」「確実に」禁煙し、末永く健康で自分らしく過ごしましょう!


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部健康推進課(健康センター)

電話番号: 042-376-9111

ファクシミリ番号: 042-371-1235

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.