市民のみなさんからの依頼による食品の放射性物質検査の結果について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

ページ番号1002346  更新日 2024年5月22日

印刷大きな文字で印刷

市民のみなさんからの依頼による食品の放射性物質検査結果

食品の放射性物質検査の結果についてお知らせします。(平成25年9月より開始)

検査を希望される場合は、必ず事前の「予約申込み」が必要です。下記の「市民のみなさんからの依頼による食品の放射性物質検査の予約受付について」をお読みいただき、環境政策課へお電話またはファクシミリで申込みください。

令和6年度の検査結果(※平成25・26・27・28・29・30年度・令和元・2・3・4・5年度の検査結果は下記PDFをご覧ください。)

入手先等

平成27年4月7日の検査から、流通食品についても、原料の採取地、生産地または加工された場所を記載します。

数値の見かた

市では、検査結果の数値を加工せずにそのまま掲載しております。
「ND」とは、検出されなかったまたは検出下限値未満を意味します。
なお、検出下限値はカッコ内の数値です。
さらに詳細な数値の見かたについては、下記をご覧ください。

検査結果一覧表
No. 検査日時 検査食品 入手先等 セシウム137
(単位:ベクレル/kg)
セシウム134
(単位:ベクレル/kg)
8 5月21日 白米 流通食品(長野県) ND(<3.98) 0〜4.19(3.80)
7 5月21日 しらす 流通食品(福島県) 0.67〜5.79(3.77) ND(<3.87)
6 5月7日 長いも 流通食品(北海道) ND(<3.71) ND(<3.53)
5 5月7日 レタス 流通食品(茨木県) ND(<4.04) 0〜4.1(3.85)
4 4月16日 白米 流通食品(神奈川県) ND(<3.94) ND(<3.77)
3 4月16日 玄米 流通食品(福島県) ND(<3.94) 0〜3.93(3.77)
2 4月2日 もち米 流通食品(宮城県) 0〜4.99(3.97) 0.05〜4.83(3.79)
1 4月2日 かぶ 流通食品(茨城県) 0.55〜5.85(4.17) ND(<3.97)

検査数値の見かた(詳細)について

市では、検査結果の数値を加工せずにそのまま掲載しております。

数値の見かたについては、次の補足を参考にしてください。

  • 「ND」とは、検出されなかったまたは検出下限値未満を意味します。
  • 「検出下限値」とは、検査機器で検出できる最小値のことで、検査環境(自然に存在する大気中の放射線量等)、検査条件(検体の重さ、検査時間、検査容器等)によって異なる値となります。
    ※表示の例(検出下限値9.0の場合) ND(<9.0)

範囲を指定して表示している場合の考え方について

絶対誤差を加えた最大値が検出下限値を上回る場合は、範囲を指定して表示しています。
例えば、測定結果が測定値4.00、絶対誤差±6.00、検出下限値9.0の場合、測定値に絶対誤差の最大値を足した値が10.00となり、検出下限値を上回って放射線が存在する可能性があるため、0~10.00と表示しています。
なお、最小値は0とします。
表示の例 0~10.00(9.0)
※絶対誤差とは、測定値と真の値の差が最も大きい場合を考えたときの値です。

これまでに検査した食品の詳細

流通食品と自家生産食品の割合(計685件の内訳)

グラフ:検査した食品の流通食品と自家生産食品の割合


  • 流通食品:396件(58%)
  • その他:289件(42%)(多摩市:102件(全体の15%)、それ以外:187件(全体の27%))

検査した食品の種類(計685件の内訳)

グラフ:検査した食品の種類


  • 穀類:213件(31%)
  • 野菜:197件(29%)
  • 果物:90件(13%)
  • 魚介海藻類:49件(7%)
  • 牛乳・乳製品:18件(3%)
  • 肉類:21件(3%)
  • その他:97件(14%)

検査方法

消費者庁から貸与された機器を活用して、食品中の放射性セシウムスクリーニング法(以下、「スクリーニング法」という。)に基づく検査を実施します。
スクリーニング法の検出限界値は、放射性セシウムの合計値が1キログラム当たり25ベクレル未満となる測定条件で検査を実施します。
なお、スクリーニング法で1キログラム当たり50ベクレルを超える放射性セシウムが検出された場合は、さらに確定検査を行い、基準値の超過の有無を確認します。(スクリーニング法は基準値より低濃度の検体を確実に判別する方法であり、検査結果の数値は参考値となるため。)
ただし、牛乳等及び乳児用食品、飲料水はスクリーニング法に準じて実施するため、1キログラム当たり50ベクレル以下の放射性セシウムが検出された場合でも確定検査を行います。

検査機器

NaIシンチレーション検出器 AT1320C(ATOMTEX社製)
※確定検査を行う場合は、専門の検査機関へ委託し、ゲルマニウム半導体検出器で検査を行います。

委託検査機関

エコ・フレンドリー
※事前に研修会を行い、検査機器に必要な知識と技術を習得された市民団体にご協力をいただいております。

(参考)放射性セシウム基準値(単位:ベクレル/kg)

基準値一覧

食品群

基準値

一般食品 100
牛乳 50
乳児用食品 50
飲料水 10

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境政策課 環境政策担当
〒206-8666 東京都多摩市関戸六丁目12番地1
電話番号:042-338-6831 ファクシミリ番号:042-338-6857
電話番号のかけ間違いにご注意ください
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。