ページの先頭です
メニューの終端です。

土のうステーションの設置について

[2020年8月6日]

ID:11320

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

土のうステーションを設置しました!

多摩市では、市民の皆さんがいつでも土のうを持ち出せる「土のうステーション」を市内6か所に設置しました。

梅雨の時期や、大雨が予想されるときは、土のうステーションの土のうが不足することがございますので、日ごろからの早めの備えをお願いいたします。

多摩市土のうステーション

(1)土のうの積み方

扉等の出入口の幅1mあたりに必要な土のうの数は、土のうの大きさや積み方、中に入っている砂の量により異なりますが、1段積み(10センチメートル程度)であれば、10キログラムを3袋~4袋必要です。土のうの積み方については以下のとおりです。

・縛り口を下流にして置いていきます

縛り口を下流にして置いていきます

・上流側から下流側へ置いていき、縛り口を次の土のうで隠します

上流側から下流側へ置いていき、縛り口を次の土のうで隠します

・2段目、3段目の土のうは、半分ずらして積んでいきます

2段目、3段目の土のうは、半分ずらして積んでいきます

(2)土のうの保管方法・再利用について

一度使用した土のうは、再利用できるため、元の場所に戻すことなく各ご家庭で保管してください。
保管方法は、雨や直射日光の当たる場所を避け、風通しの良い場所に置くようにしてください。
※土のうは雨でぬれると固まってしまいますので、使用したら天日で乾かし、中の砂をほぐすようにしてください。


(3)土のうステーション設置場所一覧

設置場所については、比較的浸水深の想定が高い以下の地域6か所です。
(1)宮之下公園(一ノ宮2-27-2)
(2)第9分団詰所跡地(一ノ宮4-19-14)
(3)大河原公園(関戸2-19-4)
(4)関戸三丁目公園(関戸3-10-9)
(5)市立健康センター(関戸4-19-5)
(6)くるまぼり公園(東寺方1-16)

土のうステーション設置場所一覧

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所総務部防災安全課防災担当

電話番号: 042-338-6802

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


土のうステーションの設置についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.