ページの先頭です
メニューの終端です。

令和3年度特定健康診査・後期高齢者健康診査について

[2021年4月30日]

ID:8703

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特定健康診査・後期高齢者健康診査

◆令和3年度多摩市国民健康保険特定健康診査・後期高齢者健康診査は、令和3(2021)年5月から令和4(2022)年1月31日(月曜日)まで実施します。

◆特定健康診査は40歳(令和3年度中に40歳に達する方)~74歳の方、後期高齢者健康診査は75歳以上の方が対象です。

◆40歳以上の多摩市国民健康保険被保険者、東京都後期高齢者医療広域連合における後期高齢者医療制度被保険者の多摩市民には、多摩市より受診券を送付します。

◆令和3年度多摩市国民健康保険特定健康診査・後期高齢者健康診査を受診された方は、令和3年4月受診分から総合健康診査(人間ドック)料助成の対象外となります。

◆新型コロナウイルス感染拡大の今後の状況により、健康診査を中止・日程変更する場合があります。変更の場合には、詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。

◆多摩市国民健康保険被保険者・後期高齢者医療制度被保険者の多摩市民以外の方の健康診査については、加入している保険組合等にお問い合わせください。


送付物(特定健康診査受診券または後期高齢者健康診査受診券)

令和3年度特定健康診査・後期高齢者健康診査封筒
令和3年度多摩市国民健康保険特定健康診査受診券
令和3年度後期高齢者健康診査受診券

健診を受けるには

◆40歳以上の多摩市国民健康保険被保険者、後期高齢者医療制度被保険者の多摩市民は、市内の54か所の医療機関で5月から翌年1月末の期間に受診することができます。

◆予約が必要な医療機関には、事前に連絡し、健診日時を決めてください。また、予約が不要な医療機関でも健診を実施しない日時を設けているところがありますので確認してください。

◆特定健康診査・後期高齢者健康診査を受診する際には、医療機関に受診券と保険証をお持ちください。

※受診券は、対象の方に多摩市より郵送します。

※受診券・保険証がお手元にない場合は、再発行の手続きが必要です。保険年金課国保担当または後期高齢者医療担当にお問い合わせください。

◆費用は無料です。(同時に受診できる検診等の中には、費用がかかるものもあります。)

令和3年度 健康診査(特定健康診査・後期高齢者健康診査)実施医療機関

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

なぜ必要?健康診査

日本人の生活習慣の変化等により、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群が増加しています。医療費においては、国民医療費のしめる生活習慣病の割合は3分の1にのぼり、死亡原因においても5割以上を占めている状況です。


健康診査は、生活習慣病の発症前の段階であるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診です。

健診を毎年受診することで生活習慣病のリスクを早期に発見することができます。


生活習慣病は、生活習慣の改善により重篤な疾病の発症を防ぐことができる病気です。いつまでも健康な体でいるために、健診を上手に活用することが重要です。

問診

健診内容について

※令和3年度より、質問票の記入が必要になりました。

※質問票は、受診券の裏面に記載しています。受診の前に、あらかじめ記入をお願いします。


多摩市の特定健康診査、後期高齢者健康診査では以下の項目を実施しています。

◆基本的な項目◆

 •問診
  既往歴、現在の内服の有無及び種類、喫煙の状況、自覚症状、他覚症状の有無
 •理学的検査(身体診察)

 •身長、体重、腹囲の計測

 •BMI(体格指数)の判定

 •血圧

 •肝機能検査
  AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)
 •血中脂質検査
  中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
 •血糖検査
  空腹時血糖(健診前10時間以上食事なし)または随時血糖、ヘモグロビンA1c
 •尿検査
  尿中の糖、蛋白、潜血の有無
 •尿酸・腎機能検査
  尿酸、クレアチニン、eGFR

 ※その他、多摩市医師会独自実施項目として、アルブミン、ALP、LDH、アミラーゼ、CK、血清鉄、指輪っかテストを実施

血圧測定

◆詳細な項目◆ (※実施する条件がありますので、受診時に担当医へご確認ください)

 •眼底検査
  毛細血管の動脈硬化を観察する検査 (片眼のみ)
 •心電図検査
  安静時の12誘導心電図
 •貧血検査
  赤血球数、白血球数、血色素量、ヘマトクリット値、血小板

人間ドックを受診した場合

 令和3年度多摩市国民健康保険特定健康診査・後期高齢者健康診査を受診された方は、令和3年4月受診分から総合健康診査(人間ドック)料助成の対象外となります。

 30歳以上の国民健康保険被保険者、後期高齢者医療被保険者の方で、人間ドック(「特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準」第1条第1号から第9号までに規定する項目が全て含まれるもの)を受診した場合、受診費用の一部が助成されます。

 総合健康診査(人間ドック)料助成制度の詳細は以下をご覧ください。


●国民健康保険:総合健康診査(人間ドック)助成制度について(別ウインドウで開く)

●後期高齢者医療制度:後期高齢者医療総合健康診査(人間ドック)助成制度について(別ウインドウで開く)


※総合健康診査の健診結果は、特定健康診査、後期高齢者健康診査の結果として反映します。また国民健康保険被保険者は、生活習慣病のリスク等がある場合、特定保健指導等の市の保健事業を受けていただくことができます。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部保険年金課

電話番号: 042-338-6824

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.